プロフィール

スタッフ

新宿御苑のピッツェリアロマーナの
シェフです。イタリアワイン、食べる事、釣りが趣味の40歳のアラフォーです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 6月9日の料理とワインの会の内容決定!! | メイン | 7月20日(土曜日)ロマーナ5周年記念パーティーやります!! »

2013年6月18日 (火)

6/9 プーリア州ターラントのお料理とワイン会のご報告です。

  毎日、蒸し暑いですね。。。

 本当に梅雨入りしているのか???

 と、思わせる天候が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 遅くなりましたが、9日に行われたプーリア州・ターラント編のお料理と土着ワインの

 会のご報告です。

 今回は、ご予約のかなり早い時点で満席となってしまい

 ご予約が間に合わなかったお客様には、大変残念な思いをさせてしまい

 本当に申し訳ありませんでした。

 この場を借りまして、お詫び申し上げます。

 

 さて、今回のセミナーですが本当に皆様からの反響が大きく

 自分でも驚いている次第です。

 約2ヶ月の準備期間を有効に使えた為、お料理とワインの

 アッビナメンント(マッチング)を納得の行くまで調整出来た事、

 試作時にプーリア料理(イタリア料理)の懐の奥深さを再確認出来た事など

 トラディッショナル故の文化背景~シンプルな食材の難しさ(美味しさ)を

 東京という場所に居ながらにして、どっぷりプーリアに漬かれた事が一番の

 収穫となったセミナーでした。

   さて、セミナーのお料理のコース内容ですが

 突き出し      全粒粉と00粉のパーネ・プリエーゼ

_

 前菜(冷菜)    プーリア産、フレッシュブッラータ と

             自家製完熟フルーツトマトの取り合わせ コラティナ種EXVオイル

__5

 前菜(温菜)    ムール貝とジャガイモとお米のティエッラ アッラ タランティーナ

__2

 プリモピアット   芝エビとカルチョーフィペーストの自家製ファルファッレ

             芝エビのアメリケーヌソースがけ

Photo

 メイン(お肉)    NZ産、熟成骨付き仔羊の塩釜焼き・シチリアの海塩を使って

___2

 ドルチェ       アメリカンチェリーのソルベと

             ペコリーノチーズのジェラートの2種盛り ヴィンコットのソース

__6

  ワインの内容です。

  Anbasciatori  Sarento bianco (IGT)     alc.12%   SAMPIETRANA社

 

  Favugne Bianco 2010 (DOC)        alc.12%        TEANUM社

  Anfora  Primitivo Puglia 2008   (IGT)     alc.13.5%  LA  CORTE社

  LUI  Puglia Nero di Totoia  2009    (IGT)     alc.13.5%    CANTINA ALBEA社

  ”Rose” Vivace da uva di troia 2011 (IGT)      alc.12%      CANTINA ALBEA社

Photo_2

 以上、今回のセミナーの内容となります。

 

 次回は、8月25日(日) 13:00~

 シチリア・パレルモ編で参りたいとおもいます。

 乞うご期待!!

  

              

  

 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

Romana のサービス一覧

Romana